ごほうびBOX

のぞくとあなたへのごほうびがある(かもしれない)ブログ

【失敗談】挑戦するときはスモールスタートがいい

f:id:murmur_ma:20201014170717p:plain
新しいことに挑戦することってすごいことだと思っています。しかし、これまでの経験の中には挑戦したもののうまくいかないこともあって、いろいろなものを無駄にしてしまったことがありました。

 

挑戦するにもやみくもではなく、挑戦する方法を考えるべきなのでは?と感じるようになりました。
今日は失敗談も含めて、どう挑戦するか?について自分なりの考えをまとめてみました。
こんな人に読んで欲しい!
  • 挑戦することが苦手なひと

私の失敗談

好きなことを見つけられた友人が羨ましくなってしまった

今から2年ほど前にひさびさに大学友人と食事にいったとき、近況報告をしつつ、お互いに仕事上の悩みだったりよくある「わたしの人生このままでいいのか?」という話で盛り上がりました。

その流れで友人からヨガインストラクターの資格を取ろうと思っている(というか既に講座に申し込んでいた)という話を聞きました。

その理由が

  • ヨガを習い始めてヨガが自分にはとても合っているとわかった
  • 今教わっているヨガの先生から学びたいと思える

というものでした。

この話を聞いたとき、わたしはただただ羨ましくなってしまいました。

小さい時から習い事をしてもすぐ辞めてしまうし、何かにのめり込むほど夢中になることは少なかったです。それゆえにわたしはこれが好きなんだ!と自信を持って言えることがなくコンプレックスでもありました。

このコンプレックスゆえにヨガが好きで自分にマッチしていると、自覚をして断言できる友人を羨ましく思ってしまうと同時に社会人になっても学生のころから同じコンプレックスを抱えている自分が嫌になってしまったのを覚えています。

好きを仕事するについての憧れ

さらに資格を取った後は転職して、ヨガインストラクターとしても働きたいといっていました。そのときになんとなく「好きを仕事にするってよくいうけど、こういうことなんだな」とぼんやり思いました。

その当時、仕事にやりがいや将来性を見出せないと悩んでいたこと、悩んではいるものの勤めている会社での給与・福利厚生を考えるとどうしても転職に踏み切れずにいた時で、すくなからず「好きを仕事にする」に憧れがあったのでそれを実現している友人をみて焦ってしまいました。

スキルが身について、これからの時代に需要があって、自分次第では独立もできる。そんな理由からWEBデザイナーを目指すことにしました。

学校に入ることで満足してしまった

もともと興味はあった分野だったことと友人が動き出している今、取り組み始めないと遅れをとってしまう!と勝手に比べて焦りを感じていたこともあり、わたしはwebデザインを学べるスクールや講座などを探し始めてしまいました。

説明を聞きにいき、講座の時期の都合もあり早めに決めねばならずほとんど勢いで契約をしました。

結局半年間、毎週土曜日にスクール通いました。

ただ、自分が思った以上に会社との両立がつらく家ではほとんど勉強に時間を割くことができずスクールに行く日に居残りをして勉強をしたりしていました。

その頃は火曜土曜が公休で土曜日が丸一日潰れるので、疲れも取れず、そのまま翌日会社に行くので本職もWEBデザインの勉強もうまくいってなかったように思います。

結局、転職はしていない

そのスクールでは授業が終わったら、ランディングページとポートフォリオサイトとバナーを作成し、それらを企業に提出して転職をすることが最終目的でした。(授業が終了しても完成するまでは講師に相談をして進めることができるというシステムでした。)

結局わたしは、授業がすべておわったとほぼ同時にスクールに向かわなくなってしまいました。そして今も変わらず同じ会社に勤めています。

失ったもの
  • 公休4日×6ヶ月=12日間という時間
  • 学費 70万くらい(入学金+学費ローン利息)

もちろんwebデザインの知識は学べましたが、今持っている知識くらいなら書籍だったり調べたりすればわかる内容だと思っています。

逆に得たものと言えば、わずかなweb知識とまた続けられなかったという自己肯定感を下げる経験値という感じです。

どうすればよかったか?

まず独学してみる

焦っていて視野が狭くなっていたとはいえ興味があることを始めたい⇨学校に通うというのはあまりにも短絡的でした。いまはインターネットで基礎的なことはまとめてくれているサイトなどは多いですし、youtubeで動画で見ることもできると思います。

まずは自分で調べて、ちょっとやってみる。

これならやってみて適性がなかったとしても、お金はかかっていないのでダメージは少ないです。

安く学べないか調べる

とはいえ独学では限界がきたり、講座形式のほうが学習するにあたって向いているというひともいるかもしれません。

そうなったら少しでも安い講座や学校を探してみるのがいいと思います。

なんでスモールスタートがいいか

  • 興味をもったことにすぐ取り組めること
  • 適性がなく辞める時のリスクが少ない

この2点が大きな理由になります。いったんサクッといつでも引き返せる方法ではじめてみる。適性があればそのまま続け、自己投資の金額を増やす。(スクールに通うなど)もし適性なく続けるのが苦しいならやめてみる。

またこれらを繰り替えすことで、自分にぴったりのものが見つかることもあるんじゃないかと思っています。

まとめ 

この失敗から始めるときのリスクを少なくして、挑戦する回数を増やす。増やすことで自分の好きや得意が見つかりやすくなるんじゃないかなと思いました。

(いやでも70万円は本当にお金をドブに捨てたな...。あの当時はなにに急かされていたんだ?と今思うと不思議です。今後の人生ではつぼを買わされないように気をつけます。)

 

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。

もしこの記事がちょっとでも面白かったな!や参考になった!という方はバナーをポチっと押して応援していただけないでしょうか?皆様の応援が励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

では、また次回の記事でお会いしましょう!