ごほうびBOX

のぞくとあなたへのごほうびがある(かもしれない)ブログ

悪役令嬢マンガに激ハマりしてしまった

f:id:murmur_ma:20210504104024p:plain

 

悪役令嬢とは

 

読んで文字のごとし。いわゆる悪役の令嬢を意味している。

様々な理由から主人公に敵対し、その行く手を阻む障害となるキャラクターの一類型。
昔の童話や児童文学・少女小説・少女漫画などで、よく見られたステレオタイプキャラクター。
主人公と同じ土俵で正々堂々と自分の力だけで戦うライバルキャラクターとは異なり「(親の)権力や政治力・財力・組織力を笠に着て主人公を虐めまくる」事で(多くは平民であろう)読者に嫌われる役割を与えられた「令嬢」である。

引用元:悪役令嬢 (あくやくれいじょう)とは【ピクシブ百科事典

従来の

ストーリーのテンプレ

過去に戻って人生をやり直す系

  • 処刑された過去を逃れる
  • 婚約破棄されてからの逆転劇

現代で死んで転生する系

  • 好きな作品の登場人物に転生したので人生エンジョイする

なんで『悪役令嬢』にハマったのか?

過去とのギャップがいい!

過去に戻って人生やり直す系の話の場合、過去の悪評のおかげで平民からもお城の使用人からも評判が悪いことが多いです。作品によって最終的な目標は違えど、人生やりなおしのためにガラッと人柄が変わり知性や教養、思いやりを兼ね備えた完璧な令嬢になります。
その過程で、勉強やテーブルマナーを覚えたり、過去の記憶を頼りに自分に有利に話が運ぶような戦略を立てたり努力をしているところがとても好感をもてます!努力家の主人公は見ていてたのしい!!!

のし上がっていく過程がたのしい

この悪役令嬢系の作品には大概みんなに愛される令嬢が存在します。実は裏があったり愛嬌だけで生きているような無能だったり(暴言)することが多い気がします。もちろん悪役令嬢とは異なりみんなから大人気!
しかし努力を続けている悪役令嬢に周りのモブキャラもだんだんと、「え、聞いていた噂と違うぞ?」と見る目が変わっていきます。最初は嫌われてて敵だらけだった悪役令嬢に少しずつ信頼できる仲間(友人?知り合い?)ができていきます。

悪役令嬢がみんな美人♡

設定上とにかく美人が多いですし、作画もきれいが作品ばかり。
世界観的に色々なドレスに着替えることも多いです。

わたしのオススメ作品

その悪女に気をつけてください

大学生が交通事故にあって、愛読していた小説の世界の悪役令嬢に転生するというストーリー。浮気性の婚約者が最低だったので、婚約破棄をするために拾った謎の男(イケメン)と舞踏会に出席するところからストーリーが動き出します。

舞踏会で婚約者に復讐している様子は見ていてスカッとします。主人公のメリッサは表情(変顔多)と心の中で悪態をついているところもおもしろいです。

悪女が恋に落ちた時

こちらも小説の悪役令嬢に転生するお話しです。大ファンだったキャラクターに転生した主人公が第二の人生をエンジョイするストーリーです。

大好きな小説の登場人物たち(美男美女揃い)にあってオタ活を満喫している主人公はとても生き生きしています。

悪女は砂時計をひっくり返す

こちらは過去にも戻ってやり直す系のストーリーです。母が伯爵と結婚したことによって貴族となった主人公ですが、妹によって処刑されかけたところを不思議な砂時計で過去に戻ることができました。そこから妹に復讐をしていくというストーリーです。

過去の記憶、美貌、頭脳をつかって着々と復讐の準備を進めていく主人公を見ていると何だか応援したくなります。ちゃんと成功してほしい!笑

そして主人公のアリアはかなりの美人です。カラーイラストが本当に美しい〜。

まとめ

王子様に絶対的に愛されるお姫さま的なストーリーが王道ですが、逆境を跳ね返すべく試行錯誤していく悪役令嬢ものは新鮮でおもしろい!一般逆転を応援したくなります!

興味があったらぜひ読んでみてください。